2012年05月13日

GWの鉄道ネタ(大牟田専貨&三井化学専用鉄道編)

5月1日の午前中は、大牟田近辺を徘徊。
狙いは大牟田専貨と三井化学専用鉄道です。

荒尾からはこんな新車に乗車。でも、たったの一駅、大牟田で降りて、歩きつつロケハン。
817系+813系
817系+813系 posted by (C)karesansui

格好の撮影地(定員約1名・・・同業者はいませんでした)を見つけて、三井化学専用鉄道の第一便と1151レを待ちました。


まずは1151レ(大牟田専貨)が三井化学への荷を曳いて大牟田へラストスパート。
ED76+コキ100系+コキ200形
ED76+コキ100系+コキ200形 posted by (C)karesansui

それから30分ほど経って、本命が。
三井化学専用鉄道19号機関車+コキ100系+コキ200形
三井化学専用鉄道19号機関車+コキ100系+コキ200形 posted by (C)karesansui
こんな無骨な凸型電機が未だに(年に1ヶ月の長期運休期間を除いて)ほぼ毎日走っているというのもすごいことです。この電機、炭鉱電車ともいうそうですね。

これを見るために旅行したようなものですから、主目的が達成できてよかったです。
三井化学専用鉄道19号機関車+コキ100系+コキ200形
三井化学専用鉄道19号機関車+コキ100系+コキ200形 posted by (C)karesansui

さて、折り返しの炭鉱電車と併走することがたまにあるコンテナ貨物も颯爽と通過。
EF81+コキ50000形
EF81+コキ50000形 posted by (C)karesansui

そして、単機回送の炭鉱電車。
三井化学専用鉄道19号機関車
三井化学専用鉄道19号機関車 posted by (C)karesansui

さらには、入換動車化されたDE10と1151レからの荷物。
DE10+コキ100系+コキ200形
DE10+コキ100系+コキ200形 posted by (C)karesansui

ここまでで一旦切り上げて、旭町の踏切へ。
この荷物を引き取る炭鉱電車の回送を待ちました。
三井化学専用鉄道19号機関車
三井化学専用鉄道19号機関車 posted by (C)karesansui

またお調子に乗って、動画も。。。


折り返しの貨物は撮影に失敗し、宮浦操車場へ。

こんな入替風景が公道から眺められるなんて、濃い世界です。。。
三井化学専用鉄道9号機関車+デ1形+コキ200形
三井化学専用鉄道9号機関車+デ1形+コキ200形 posted by (C)karesansui
ちなみに、この日は平日でしたが、同業者が他に2名いました。


この後、大牟田駅でちょうど折り返しの1152レの連結作業をしていました。
ED76+コキ100系+コキ200形
ED76+コキ100系+コキ200形 posted by (C)karesansui
で、たまたま1152レが千早操車場に止まっているのを見つけたので、もう一度キャッチ。
ED76+コキ100系+コキ200形
ED76+コキ100系+コキ200形 posted by (C)karesansui

こんな飽きない鉄風景、もう一度見てみたいものです。
今度は銀タンクコンテナ以外の荷もついているときがいいですねぇ。


posted by karesansui50 at 15:06| Comment(0) | 鉄道ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。