2011年11月06日

今更ながら夏休みの記(高野山京都掛け持ち編)

翌朝は、折角の高野山なので、朝からお勤めに参加。
足の痺れに耐えつつ(苦笑)、勤行を見てお焼香して。
しかしながら、住職が風邪を引いてたり、前日夜に電気のトラブルがあったり、そのときに住職がいなかったり、小ぢんまりとした宿坊かと思いきや人数がやたらと多かったり、はたまた住職が「どうか楽天トラベル、じゃらんの口コミにトラブルのことを書かないでください」と言い訳したりで、何とまあ俗っぽいやら(苦笑)。人が多いのは季節だから仕方ないとしても。。。

そんな宿坊を選んだ理由はただ一つ、重森三玲の庭園があるからです。
西禅院庭園
西禅院庭園 posted by (C)karesansui
実際に本人が手掛けたかはともかく、石の立ち方はまさに重森三玲らしいものではあります。

庭はいくつかあるので、それぞれに違いを楽しめるでしょう。
西禅院庭園
西禅院庭園 posted by (C)karesansui
西禅院庭園
西禅院庭園 posted by (C)karesansui
まあ、庭を楽しむのであれば、本来はもうちょっと高い客室を選んでおけばよかったんだと思いますが(廊下越しに庭を眺められる客室もいくつかあります)。


さて、人が多くてちょっと俗っぽい香りがする宿坊から脱出して、高野山巡りの続きになります。


続きを読む


posted by karesansui50 at 21:27| Comment(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今更ながら夏休みの記(和歌山死闘編)

8月15日は、奈良から高野山へ移動でした。
ただ、まっすぐ移動したのでは芸がないので、和歌山の古刹を巡りつつ。。。


まずは、根来寺。
歴史ヲタクの視点では、根来=僧兵、鉄砲なんですが、こんな穏やかな庭園があるところでもあります。
根来寺庭園
根来寺庭園 posted by (C)karesansui

でも、根来寺といえば国宝の大塔。
根来寺大塔
根来寺大塔 posted by (C)karesansui
500年以上もこのような大きな多宝塔が立ち続けているというのは、すごいことではないでしょうか。


そんなこんなで根来寺に圧倒されつつ、次の粉河寺を目指したのですが・・・。
行程の途中から、大雨。
行くのをやめようかとも思ったのですが、雨が上がったのでGo!


続きを読む
ラベル:和歌山
posted by karesansui50 at 01:55| Comment(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。